日本の名医の治療を受けられる病院

整形外科や眼科、皮膚科、脳神経外科、がん、耳鼻科、緑内障・白内障、婦人科、肺がん、乳がんの名医など、優秀な専門医のいる病院

肺がん名医を闘病記に見つける



癌が改善しなければ全額返金!数々のガン患者を完治させてきた食養理論の決定版!井上俊彦のメディカル・イーティング(ガン篇)

肺がん名医について闘病記に書かれていることは少なくありません。そのため、闘病記を通して信頼できる専門医を探すというのは、一つの方法です。一義的な名医の基準があるわけではありませんが、肺がんの症状が悪化して死に至ることも多々あることを考えると、生存率は大きな基準になるでしょう。

手術や放射線治療などを組み合わせていくことになるわけですが、どのような治療計画を立てるかということも重要です。ただ手術が上手ければ肺がんの名医ということでもないでしょう。完治を目指す上で、直接悪性腫瘍を切除することができる手術は重要ですが、わざわざ手術をする必要がない場面だってあります。

そのような場合には、あえて体に負担をかけて手術を選択する必要もありません。ただ悪性腫瘍を切ることだけが、肺がん治療の方法ではないのです。もし化学療法や放射線治療の方が適切なのであれば、それを選択することが、患者さんの利益となるのです。

何よりも患者さんのことを最優先する姿勢こそ、肺がん名医として必須なものです。たとえ腕が良かったとしても、その部分で問題があったのでは信頼できる専門医にはなれないでしょう。治療の対象は機械ではなく、心のある人間なのです。

そのため、患者さんの声に耳を傾ける姿勢も求められますし、それまでの経験を活かしながらも、決して流れ作業として診察を済ませることはできません。経験を積むほどにはまりやすくなる落とし穴でしょう。そこを乗り越えることも、肺がん名医となるための条件です。

肺がんの症状を完治させることは、生きるために重要なことです。そのためのパートナーとなる専門医や病院の選び方には細心の注意を払うようにしましょう。