日本の名医の治療を受けられる病院

整形外科や眼科、皮膚科、脳神経外科、がん、耳鼻科、緑内障・白内障、婦人科、肺がん、乳がんの名医など、優秀な専門医のいる病院

子宮筋腫の名医から手術を受けられる婦人科病院



【子宮筋腫改善スタイル】 わたしの子宮を元気にさせた法則

子宮筋腫名医が手術を執刀するのなら、心理的な抵抗が和らぐという方もすくなくないのではないでしょうか。場所が場所だけに、精神的にとてもデリケートになる問題ですので、婦人科の病院なら、どのような専門医でもよいというわけにはいかないでしょう。

すでに子宮筋腫の名医としての評価を得ている専門医からの手術であれば、成功の確率も高いですし、最善の方法を選んでくれるだろうという信頼も持てます。術式も一つだけではないため、もっとも患者さんの希望に沿うものを選択する姿勢が、名医には求められます。

できることなら、子宮は温存したままで手術を行ってほしいというのが、多くの患者さんに共通する願いでしょう。筋腫だけを切り取るようにした方が、患者さんとしては精神的な負担も少ないはずです。

従来の手術だと、体への負担が大きかったため、入院期間が長引き、腹部に傷が残るのが問題でした。子宮筋腫の名医と言えども、未承認の方法を使うわけにもいきませんし、そうした制約があったのが現実です。

しかし、現在では腹部を切ることなく、超音波を使って焼ききることができるFUS(収束超音波治療)という方法が使えるようになっています。このFUS(収束超音波治療)を用いれば、日帰りで治療を行うことができます。これは患者さんにとっては朗報です。

まだ新しい方法ですので、不慣れな専門医もいます。子宮筋腫の名医に治療に当たってもらったほうが安心なことは代わりがないでしょう。こうした新しい試みには、病院によって取り入れる時期にばらつきがありますから、どこの婦人科でも取り扱っているというものでもありません。