日本の名医の治療を受けられる病院

整形外科や眼科、皮膚科、脳神経外科、がん、耳鼻科、緑内障・白内障、婦人科、肺がん、乳がんの名医など、優秀な専門医のいる病院

白内障の名医から手術を受けられる眼科



1,353人のメガネ使用者がわずか3日で視力が1.0に!!見える!驚異の視力回復法

白内障名医としては、三井記念病院の赤星先生が有名です。赤星先生はプレチョップ法という手術の方法を開発した方で、眼科の名医の中でも著名な方です。水晶体が濁ってくる白内障は、加齢と共に多くなっていく眼病です。確かな腕を持った専門医の手術を受ければ、水晶体を取り除き、眼内レンズに替えることで回復させることが可能です。プレチョップ法であれば、片方の目の手術が3分から4分で終わり、従来の手術よりも安全性が大きく高まっています。

ただし、プレチョップ法を実施している眼科は限られていますので、白内障の名医を探す際に条件として気にかけておいた方がよいでしょう。年齢によって水晶体が白濁するのは、程度の差はあるにしても仕方がないことです。放置しておくと、まぶしさを感じたり、目がかすんだりと厄介ですが、治療は比較的安全な手術を行うだけですので、信頼できる眼科の名医から白内障を治療してもらえば、それほど大きな問題ではありません。

多くの場合には、入院を伴わない日帰り手術で済みますので、大掛かりなものではありません。とは言っても大切な目のことですので、専門医の実力については手放しでよいというわけではありません。最善を期すなら、名医とされる専門医がいる眼科で白内障の診断や治療を受けることになるでしょう。

脳神経外科の名医がいる病院


全国名医・病院徹底ガイド最新改訂版

脳神経外科名医がいる病院で治療を受けることによって得られる利益は、今後の人生を考えると莫大なものになるでしょう。病名にもよりますが、命に関わる深刻な症状が多いため、脳神経外科の名医を見つけることは、命にも直結する問題です。

まぶたの痙攣や頭痛など、ちょっとしたところに兆候が現われる場合もあります。このような場合には、脳神経外科の名医がいる病院を探すための時間がありますので、考えようによっては運が良いのかもしれません。

脳卒中やクモ膜下出血、脳動脈瘤などの脳血管障害がある場合の中には、兆候が見られる場合があります。そこで検査を受けることによって、早期に症状が発見されれば、治療に移るタイミングも早めることができます。難易度の高い手術を必要とするなら、脳神経外科の名医を探すための時間の猶予があるけーすもあります。

対照的に、脳挫傷のような外傷の場合、意識のない状態で治療を行われる場合もありますので、自分で病院を選べないことがあります。緊急性が高い場合には、専門医の力量によって病院を選ぶよりも、とにかく処置を早く行うことが重要と言うこともあります。

しかし、この分野は日進月歩で診断の方法や治療法が確信されています。脳神経外科の名医がいる病院で治療を受けることによって、そうした最新医療の恩恵に預かることもできます。旧来の方法でも治療がうまくいくのであればよいのですが、リスクが大きくなってしまったり、体にかける負担が大きくなってしまったりすることもあります。

かつては難しかった症状の治療でも、可能になっているものは少なくありません。これまでに多くの実績を残し、腕を磨きつづけている脳神経外科の名医がいる病院で治療を受けることで、最短距離で健康を取り戻しましょう。

神の手の提言