日本の名医の治療を受けられる病院

整形外科や眼科、皮膚科、脳神経外科、がん、耳鼻科、緑内障・白内障、婦人科、肺がん、乳がんの名医など、優秀な専門医のいる病院

がん名医がいる病院



癌が改善しなければ全額返金!数々のガン患者を完治させてきた食養理論の決定版!井上俊彦のメディカル・イーティング(ガン篇)

がん名医の治療を受けることにより、生存率を高めましょう。不治の病と言われたのは過去の話ですが、それでも命に関わる重病であることには変わりありません。そのため、がん名医のいる病院で手術や放射線治療、化学療法などを受けて最善を尽くすことが大切なのです。

放置しておけば、悪性腫瘍はますます症状を悪化させるだけではなく、他の部位に転移してしまう危険もあります。時間との戦いの中で、がん名医のいる病院を見つけ出すことは、必ずしも容易なことではありません。

しかし、一つしかない命を失うわけにはいかない以上、簡単に妥協するわけにはいきません。これまでに多くの症例をその目で見て、たくさんの患者さんを救ってきた専門医を見つけることは、これからの人生を失うかどうかという瀬戸際で、決定的な問題となります。

毎年大勢の方が、がんで亡くなっています。名医の助けがあれば、救うことのできた命もあったはずです。現代医学の力を最大限に発揮できるように活用すれば、症状の悪化や転移を予防することができたかもしれませんし、余命を延長することだって可能だったかもしれません。

そのような後悔をしないためにも、がんの名医がいる病院での治療をお勧めします。一度しかない人生です。死を招いてしまえば、未来は失われます。失敗をしてもゆるされるというほど、甘い状況ではありません。そのことを認識して、頼れる専門医を真剣に探したほうがよいでしょう。

手術を必要とする時に、執刀医の実力に疑問を持つようでは、安心して治療を任せることはできません。がんの手術は、確かに専門医の力量によっても結果が左右されます。信頼できる専門医を見つけることが大切です。

乳がん名医のいる病院



癌が改善しなければ全額返金!数々のガン患者を完治させてきた食養理論の決定版!井上俊彦のメディカル・イーティング(ガン篇)

乳がん名医には手術の技術や治療についての知識のほかに、患者さんへの細やかな心配りが求められます。女性特有(ごくまれには男性にもありますが)の病気であり、手術で乳房の切除を行うようなことになれば、その後の人生にも多きな影響を及ぼす大問題を一緒に解決しようとしている以上、乳がん名医の条件として、そうした退陣能力が求められるのは当然のことです。

患者さんの立場に立ちながら、最善の治療法を見出していくことが大切で、ただ症状が軽くなれば良いというものではありません。手術で切除をすることで完治を見込めても、それを患者さんが望まないこともあります。

そのような場合に、他の治療方法を用いるとどのような事態が見込めるかを検討していく姿勢が、乳がんの名医には求められます。専門医の方が知識で勝っているのは当然ですが、独断で方針を決めてよいわけではなく、患者さんの利益が最も大きくなる方法を手探りで見つけていくべきです。

女性としての行き方に影響を与えるだけに、乳がんの名医に求められる能力は甘くはありません。多くの患者さんが、完治だけではなく、身体をできるだけ元のまま維持しておきたいと願っています。場合によっては、乳がんの手術によって、やむを得ず期待に沿えないことを告知しなくてはなりません。

医学の限界と向き合いながら、患者さんにできるだけの治療を施すことを続けることが、乳がん名医には求められます。ただ身体を治療するだけではなく、生き方にも関わっているという意識を持ち、体と心の両面を調和させながら支えていくことが大切なのです。

肺がん名医を闘病記に見つける



癌が改善しなければ全額返金!数々のガン患者を完治させてきた食養理論の決定版!井上俊彦のメディカル・イーティング(ガン篇)

肺がん名医について闘病記に書かれていることは少なくありません。そのため、闘病記を通して信頼できる専門医を探すというのは、一つの方法です。一義的な名医の基準があるわけではありませんが、肺がんの症状が悪化して死に至ることも多々あることを考えると、生存率は大きな基準になるでしょう。

手術や放射線治療などを組み合わせていくことになるわけですが、どのような治療計画を立てるかということも重要です。ただ手術が上手ければ肺がんの名医ということでもないでしょう。完治を目指す上で、直接悪性腫瘍を切除することができる手術は重要ですが、わざわざ手術をする必要がない場面だってあります。

そのような場合には、あえて体に負担をかけて手術を選択する必要もありません。ただ悪性腫瘍を切ることだけが、肺がん治療の方法ではないのです。もし化学療法や放射線治療の方が適切なのであれば、それを選択することが、患者さんの利益となるのです。

何よりも患者さんのことを最優先する姿勢こそ、肺がん名医として必須なものです。たとえ腕が良かったとしても、その部分で問題があったのでは信頼できる専門医にはなれないでしょう。治療の対象は機械ではなく、心のある人間なのです。

そのため、患者さんの声に耳を傾ける姿勢も求められますし、それまでの経験を活かしながらも、決して流れ作業として診察を済ませることはできません。経験を積むほどにはまりやすくなる落とし穴でしょう。そこを乗り越えることも、肺がん名医となるための条件です。

肺がんの症状を完治させることは、生きるために重要なことです。そのためのパートナーとなる専門医や病院の選び方には細心の注意を払うようにしましょう。