日本の名医の治療を受けられる病院

整形外科や眼科、皮膚科、脳神経外科、がん、耳鼻科、緑内障・白内障、婦人科、肺がん、乳がんの名医など、優秀な専門医のいる病院

白内障の名医から手術を受けられる眼科



1,353人のメガネ使用者がわずか3日で視力が1.0に!!見える!驚異の視力回復法

白内障名医としては、三井記念病院の赤星先生が有名です。赤星先生はプレチョップ法という手術の方法を開発した方で、眼科の名医の中でも著名な方です。水晶体が濁ってくる白内障は、加齢と共に多くなっていく眼病です。確かな腕を持った専門医の手術を受ければ、水晶体を取り除き、眼内レンズに替えることで回復させることが可能です。プレチョップ法であれば、片方の目の手術が3分から4分で終わり、従来の手術よりも安全性が大きく高まっています。

ただし、プレチョップ法を実施している眼科は限られていますので、白内障の名医を探す際に条件として気にかけておいた方がよいでしょう。年齢によって水晶体が白濁するのは、程度の差はあるにしても仕方がないことです。放置しておくと、まぶしさを感じたり、目がかすんだりと厄介ですが、治療は比較的安全な手術を行うだけですので、信頼できる眼科の名医から白内障を治療してもらえば、それほど大きな問題ではありません。

多くの場合には、入院を伴わない日帰り手術で済みますので、大掛かりなものではありません。とは言っても大切な目のことですので、専門医の実力については手放しでよいというわけではありません。最善を期すなら、名医とされる専門医がいる眼科で白内障の診断や治療を受けることになるでしょう。

緑内障の名医から手術を受けられる眼科



1,353人のメガネ使用者がわずか3日で視力が1.0に!!見える!驚異の視力回復法

緑内障名医によって手術が行われれば、目が良好な状態に戻る確率が高くなります。緑内障治療において、手術は重要な方法です。そのため、名医と呼ばれる専門医からの手術を受けることによって、最適な結果を得られる可能性が増します。

点眼薬のみで済むような場合であれば、それでよいのですが、それだけでは済まないこともあります。薬と異なり、緑内障の名医からとは言え手術を受けることは抵抗があるものです。まして、目というデリケートな器官であれば、なおさらです。

もしかしたら、失敗して失明してしまうのではないかと恐怖を感じる方も大勢いらっしゃるはずです。だからこそ、手術は緑内障の名医から受けるべきなのです。これまでにも多くの症例を担当し、実績を残してきた専門医であれば、安心して任せることができるでしょう。

主治医の実績を知らなかったり、得意分野が他の眼病だったりするような場合には、当然ながら不安が増します。これはやむをえないことでしょう。しかし、これは解消できる問題です。手術よりも前に緑内障名医を見つけることによって解決できるのですから、そのための手間を惜しむべきではないでしょう。

治療としての効果を十分に発揮する手術にしてもらうためにも、緑内障の名医に執刀してもらうことが望まれます。もう一度、良好な視界を取り戻すまで、諦めずに前進しましょう。不治の病ではないのですから、治療の方法はあるのです。

眼科名医がいる病院を見つける



1,353人のメガネ使用者がわずか3日で視力が1.0に!!見える!驚異の視力回復法

眼科名医がいる病院を探すことによって、質の高い治療を期待することができます。目はとてもデリケートな器官です。手術においては、少しのミスが失明につながってしまうのですから、専門医には高い技量が求められます。

これまでに実績を残してきた眼科名医がいるのであれば、安心して治療を任せられます。近視でレーシック手術を受けたり、緑内障や白内障を初めとした眼病を治療したりする際、どれも深刻な問題です。

これ以上、視野の状態が悪化しないようにするためにも、眼科名医のいる病院が必要です。治療をしてもらったつもりなのに、そこで間違いがあったのではたまりません。豊富な経験と技量を備えた専門医を見つけることは、自己防衛のためにも有効でしょう。

普段はあまり眼科に行くこともないでしょうし、名医について考える機会も少ないはずです。視力が悪化したり、眼病にかかったりしない限りは縁のない場所ですから、無理もありません。あまりかかりつけの病院を持っている方は多くないはずです。

そのため、近所に眼科名医がいるかどうかなど、考えもしなかった人が大半のはずです。しかし、緑内障や白内障のように視野に問題が出てくる病気にかかることなどをきっかけにして、目の大切さを再認識することになります。

その時、大切な目を任せるのは眼科名医と呼ばれる専門医であるべきだということに思い当たってほしいと思います。どの病院でも、同じレベルの治療や手術を行えるわけではありません。当然、症状の改善の仕方だって違ってきます。

健康な目を保つことは、普段は簡単なことです。しかし、いざ問題が起きると事態は一変します。失明することになれば、日常生活すらも困難になるでしょう。目に問題が生じた時には、眼科名医と呼ばれる専門医の力を借りて、健やかな目を取り戻しましょう。