日本の名医の治療を受けられる病院

整形外科や眼科、皮膚科、脳神経外科、がん、耳鼻科、緑内障・白内障、婦人科、肺がん、乳がんの名医など、優秀な専門医のいる病院

乳がん名医のいる病院



癌が改善しなければ全額返金!数々のガン患者を完治させてきた食養理論の決定版!井上俊彦のメディカル・イーティング(ガン篇)

乳がん名医には手術の技術や治療についての知識のほかに、患者さんへの細やかな心配りが求められます。女性特有(ごくまれには男性にもありますが)の病気であり、手術で乳房の切除を行うようなことになれば、その後の人生にも多きな影響を及ぼす大問題を一緒に解決しようとしている以上、乳がん名医の条件として、そうした退陣能力が求められるのは当然のことです。

患者さんの立場に立ちながら、最善の治療法を見出していくことが大切で、ただ症状が軽くなれば良いというものではありません。手術で切除をすることで完治を見込めても、それを患者さんが望まないこともあります。

そのような場合に、他の治療方法を用いるとどのような事態が見込めるかを検討していく姿勢が、乳がんの名医には求められます。専門医の方が知識で勝っているのは当然ですが、独断で方針を決めてよいわけではなく、患者さんの利益が最も大きくなる方法を手探りで見つけていくべきです。

女性としての行き方に影響を与えるだけに、乳がんの名医に求められる能力は甘くはありません。多くの患者さんが、完治だけではなく、身体をできるだけ元のまま維持しておきたいと願っています。場合によっては、乳がんの手術によって、やむを得ず期待に沿えないことを告知しなくてはなりません。

医学の限界と向き合いながら、患者さんにできるだけの治療を施すことを続けることが、乳がん名医には求められます。ただ身体を治療するだけではなく、生き方にも関わっているという意識を持ち、体と心の両面を調和させながら支えていくことが大切なのです。