日本の名医の治療を受けられる病院

整形外科や眼科、皮膚科、脳神経外科、がん、耳鼻科、緑内障・白内障、婦人科、肺がん、乳がんの名医など、優秀な専門医のいる病院

脳腫瘍の名医が命を救う




脳腫瘍名医の治療や手術は、完治困難と診断された患者さんの命を救うことがあります。命に関わる問題だけに、妥協することはできませんし、簡単に諦めるわけにもいきません。

多くの方が症状の悪化で日常生活に支障をきたし、命を落としている病気です。脳腫瘍の名医を見つけることは、助かるためにできる重要な試みでしょう。どのような専門医に診てもらうかということは、生存率にも大きく関わってきます。

経験豊富な脳腫瘍の名医と、ろくに知識も経験もないやぶ医者との間にある隔たりは、どれだけ大きなものでしょうか?想像しただけでも恐ろしくなります。その格差のために、患者さんとしては助かるかどうかが変わってくるのですから、病院選びを間違うことは文字通り命取りになりかねません。

本来であれば、脳腫瘍の名医の力を借りなくても完治できることが望ましいのですが、いくら医療が発展しているとはいえ、所詮は人間が治療を行っていることはかわりありません。様々な機器を利用しながらも、最後は人間の判断や操作である以上、ヒューマンエラーが起きたらすべては台無しになります。

そのため、どれだけ優秀な専門医を確保できるかということは、生死に直結する問題なのです。日本と言えば、世界第二位の経済大国で治安も良く、医療制度だって充実しているはずなのに、脳腫瘍の治療においては、これが現実です。

なんだか、不思議な感じがします。患者さんが病気を抱えながら脳腫瘍の名医からの治療を受けるために病院選びなどしなくても、自然に病院が見つかる制度が用意されていてもよさそうなものです。絵空事かもしれませんが、それが先進国の医療なのではないでしょうか?

脳腫瘍の名医と呼ばれる存在であれば、たしかに手術等の技術に期待を寄せることができます。しかし、簡単には見つからないという問題点もあります。探している間に症状が悪化してしまったのでは、本末転倒なのです。

病院選びは、今後の医療の課題となることかもしれません。これまでの実績を客観的に評価するシステムがあれば、患者さんにとっては分かりやすい目安になります。もっとも、評価の高い病院に、脳腫瘍の名医からの治療を期待した患者さんが殺到し、なかなか治療を行ってもらえないというジレンマが生じる可能性もありますので、一概によいとも言えないでしょう。

患者さんが求める医療水準を、いかにして提供していくかということは、今後の医学界においても大きなテーマであるはずです。1人でも多くの方が、脳腫瘍の名医から手術を受け、健康を取り戻せるような制度が作られることを願います。